読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EUROBEAT ALLIANCE

ユーロビーターの、ユーロビーターによる、ユーロビーターの為のブログ始動!

SUPER EUROBEAT VOL.10

SEBも10に突入です。

今回も曲の感想でも書いていきましょう。

曲を聴くと、その時に聴いていた事を思い出しますね。

 

懐かしく思うのは、若い頃は通販でCDを購入出来なかったので、大阪に有る殆どのブックオフに遠征に出かけたのを良く覚えています。

僕は車を持っていないので、電車とバスを利用して行ってきました。

車が必要な場所のブックオフへは行けなかったのが残念でしたが、ちょっとした旅行みたいで面白かった。若かったなぁ。

持っていないCDを発見した時の嬉しさと来たら、通販で購入する比ではなかったんですよ。

 

★はお気に入り度を表しているぞ!

 

SUPER EUROBEAT VOL.10

f:id:shinjyojimichiru:20150624222822j:plain

ジャケットは『尻』恐らく女性の物と思われます。

結構エッチなジャケットなので、購入する時には勇気が必要です。

ちなみに結構価値が有り、1万円程必要になります。ただ、選曲は抜群に良い物を収録しているので、絶対に楽しめると思います。名盤です。

久しぶりに聴きましたが、良いねやっぱこの時代の曲ってインパクト有るわー。

 

01. L.A.TIME / BIG BROTHER ★★★★★

文句無しの名曲です。哀愁満点です。


02. FANTASY / VIRGINELLE ★★★★★

現在でも色褪せる事の無い、これぞユーロビートの魅力!名曲中の名曲です。最近リメイクもされていましたが、僕は断然こちらが好きさ。


03. ANIMAL MAN / RICK WILD ★★★★★

聴けば聴くほどにハマる。まるでスルメの様な曲。


04. GIVE ME YOUR LOVE / CONNY PORSCHE ★★★☆☆

イントロから不思議なんですが、最後まで不思議な感じの曲。好みは分かれるところだと思う。


05. BURNING HEART / ROBERT STONE ★★★★★

タイトル通りの熱い一曲。感動。


06. LOST IN LOVE / MICKY WEEL ★★★★★

女性ボーカルの哀愁ユーロビート。綺麗なメロディで引き込まれてしまう。


07. THREE TIMES ALLRIGHT / DIANA LEWIS ★★★☆☆

明るい感じの曲で、サビも覚えやすい曲。もう少し何かアクセントが欲しかったなぁ。


08. GIVE ME UP / P3 ★★★☆☆

Michael Fortunatiの名曲を女性ボーカルが歌うカバー。


09. CATCHING YOUR TIME / PATRICK HOOLLEY ★★★★☆

声が完全にあの人。アグレッシヴな感じからしっかりと哀愁を帯びた感じになって行く作りは流石・・・


10. MYSTERY OF OUR LOVE / CHRISTY ★★★★★

名盤の最後を飾るのは一体どんな曲だ・・・と思ったら納得の完成度。

若い女性ボーカルの声と哀愁の感じが良い組み合わせ。聴き入ってしまいます。